チェリー・ブロッサム・アゲート「豊穣」